テンテンの森 羽毛布団のかさ高 ダウンパワー表示の違い

 
総合TOP寝具TOP水着TOPワークTOP 会社概要/ショッピングガイド/カテゴリマップ/お問い合わせ
羽毛布団 寝具 敷き布団なら−テンテンの森(本店)
【ログイン】 新規会員登録パスワードの再発行バスケットの中身
キーワード検索
カテゴリーリスト
寝具


寝具
ワーク
カテゴリーリスト
注目の品 注目の品
FAXでのご注文
専用注文用紙にてFAXでの注文をお受けしております。
FAX専用注文用紙のダウンロード

携帯でお買い物

ご利用ガイド

羽毛布団の品質表示 -かさ高とダウンパワーについて-

かさ高って何?

羽毛布団の品質を表す数値にかさ高があります。
かさ高とは羽毛の膨らみを数値化したもので、この数値が大きいほど羽毛が多くの空気を内包できます。
空気は熱伝導率の低いので、空気が多ければ多いほど断熱効果、保温性があがります。
つまり、かさ高が大きい=羽毛布団にたくさん空気が入る=温かいという関係が成り立ちます。

ダウンパワーって何?

ダウンパワーも布団の膨らみを数値化したものです。
従来から使われているかさ高は高さ「cm」で膨らみを表示していました。
ダウンパワーは羽毛の膨らみを1グラム当たりの体積「cm3/g」で表示しています。
つまり、布団の膨らみを現実の使用感に近いふとんの中での羽毛1gあたりの体積を単位としています。

かさ高、ダウンパワーと羽毛布団の品質について

先ほども書きましたように、羽毛布団の特徴でもある「あたたかさ」は羽毛布団がどれだけ大きく膨らむかによります。
つまり、羽毛の品質の目安として、どれだけふっくら膨らむかの目安としてかさ高やダウンパワーが使われています。
かさ高とダウンパワー、どちらもJIS(日本工業規格)で規定された方法によって測定されています。
日本羽毛製品共同組合では平成24年4月1日からゴールドラベルの評価基準をかさ高からダウンパワーに変更しています。
各種ゴールドラベルとかさ高、ダウンパワーの対比は下記の表をご参考下さい。
ラベルが同一であれば、ダウンパワー表示とかさ高表示における品質の差はありません。

ゴールドラベルとかさ高、ダウンパワーの比較表
「ダウンパワー」表示基準
H24.4.1から
「かさ高」表示基準
H24.3.31まで
ニューゴールド 300cm3/g以上 12.0cm以上
エクセルゴールド 350cm3/g以上 14.5cm以上
ロイヤルゴールド 400cm3/g以上 16.5cm以上
プレミアムゴールド 440cm3/g以上 18.0cm以上
(日本羽毛製品共同組合 ゴールドラベル表記)
会社概要ショッピングガイドカテゴリマップバスケット会員登録お問い合わせ相互リンク